納豆と長芋のユッケそして刺身盛り盛り合わせ

Takenori自身がこの記事を読み終わるまでにかかった時間は約2分です。

スポンサードリンク


昨日のブログで書いた通り、納豆を使ったレシピのブログ記事を書くことにした今日。

100パックあるうちの、昨日は1パックを食べ、今日は2パックを調理に使ったので、残り97パック。

年が明けてからのランニングとトレーニングをハードに行っていて、疲労と筋肉痛が蓄積されつつあるマイボディー。そんなマイボディーのマイナス要因を解消する意味も込めてこんなレシピにしてみた。

納豆と長芋のユッケ

材料は以下。

  • 納豆
  • 長芋
  • きゅうり
  • めんつゆ
  • コチュジャン
  • 玉子の黄身

まずは長芋ときゅうりを小口切り?で合ってるのかな?に切る。

長芋ときゅうり

これに刻んだ納豆を投入。

ちなみに納豆は刻んだ方が美味しくなるのと、消化・吸収が良くなるので少し手間でも刻むのがオススメ。

まな板にネバネバがついてしまうので、ラップを2枚か3枚程重ねて敷いた上で刻むが吉。リズミカルかつ時間も20~30秒刻めば充分。

納豆と長芋のユッケ

歯ごたえとしては、

  • 納豆のネバネバ
  • 長芋のネバネバ+シャリシャリ
  • きゅうりのシャリシャリ

が絶妙の食感を演出し、味の方はめんつゆの少し甘めのつゆとコチュジャンの辛味+味噌の甘みで、ご飯が進む超簡単レシピ。

ごま油やネギを入れてもgood。

ポイントは、めんつゆとコチュジャンは食す直前に入れる、ということ。

そうすることで、食材と調味料のそれぞれの風味が逃げることなく食すことが出来る。

ちなみに玉子の白身はもちろん捨てずに黄身無し目玉焼き?にして食べる。白身の方がタンパク質が豊富だからね。

刺身盛り盛り合わせ

刺身の盛り合わせを買ってきたので、ただぶつ切りにして漬け込んだだけのこちらも超簡単レシピ。

刺身盛り盛り合わせ

  • マグロ
  • ブリ
  • サーモン
  • イカ

の4種盛り。

漬け込むタレの作り方。

まずは材料。

  • めんつゆ
  • トウバンジャン
  • ワサビ
  • ごま油

作り方は、材料を全て混ぜるだけ。それに刺身をぶち込んで、混ぜて、冷蔵庫で15分ほど寝かす。あんまり寝かせすぎると、グチャっとなるので適度な時間がnice。

コチュジャンよりもトウバンジャンの方が甘味が少なくかつ辛味が強くて、ピリっとした引き締まった味になるから、脂の乗った刺身でも飽きることなく食べることが出来る。まぁ、刺身の量にもよるけど。今回は早々と飽きた。

今日はこれだけじゃなくて、カニに始まりレンコン、なすび、オクラ、マイタケ、豚肉でニンジンを巻いたもの、のそれぞれ天婦羅も食べたから、お腹の中がグールグル。大根おろしで食べたにもかかわらず、だ。

食べる直前にハードなトレーニングをしたことも手伝って、とてもお腹が気持ち悪い。でも栄養補給のためにウエップと口にしながらでも食べたから、少しは筋力向上に繋がるかな。

キーボードを入力するのも辛くなってしまうほどのトレーニングは、あと何年続けることが出来るだろうか。

納豆料理1日目にして、どんな調理方法にするのかを迷ってしまっている、そんな状況。あと97パック、どんな料理にして食せばいいんだ!


スポンサードリンク

ヒトゴトの他のブロガー

スポンサ-ドリンク