祝!ブログ記事100件突入

Takenori自身がこの記事を読み終わるまでにかかった時間は約2分です。

スポンサードリンク


前年2016年の10月9日に公開をしたこのヒトゴトの中の賽は投げられていた。

それからクソみたいなブログを更新し続けること約3ケ月。

ようやく記事数が100件に到達。

記事の中には、検索キーワードによってはgoogleとyahoo!共に1ページ目に表示される記事が2件存在することも、googleからのお知らせによって発覚している。

このことからなにがわかるのかを、自分なりにまとめてみる。

SEO対策

大手検索エンジンの検索結果において、例え数件でも1ページ目に表示される記事があるということは。

ゼロから造り上げた完全オリジナルであるこのブログでも、構築面においてSEO対策は完璧とまでは言えないかもしれないが、それなりに的を得た構築の上で検索エンジンに対してアピールすることが出来ている、ということではないだろうか。

100件のうちの数件ではあるが、母数が100という少ない記事合計数でありながら、2件のブログ記事が1ページ目に表示されるというのは、中々に良好なステートである、と捉えている。

それに加え、ブログの記事数は100件ではあるが、google search consoleで見てみるとインデックスされているのは2017年の1月8日の時点で71件なので、71件の中の2件が1ページ目に表示されている、ということである。

更に言えば、公開してまだ3ケ月の時点で、ということも判断材料になる。

webサイトの構築は、良いものを作ってそれで終わり、ではない。

いかに良いwebサイトを作ってみたところで、それが世の中に広まらないのであれば、ただの自己満足=存在価値は無いに等しいものでしかないのだ。

ヒトゴトのブログは、見た目だけで言うとかなり極端なシンプル寄りの構成にはなっているが。その実、中身は構築者の経験とインプットしてきた知識が惜しげもなく導入されたものとなっている。

ソースを見ることが出来る人であれば、少しは構築者の知識や技術、そしてマークアップのセンスを感じてもらえるのではないだろうか。

余談ではあるが、SEO対策を重視する広告代理店からのコーディング依頼の際、ソースを見ることが出来るwebサイトの実績を提出すると、大抵が僕にマークアップを依頼したい、と申し出てくれる。

広告代理店にしてみれば、クライアントから、

「御社に依頼したwebサイト、おしゃれだけど成果が全く出ないねぇ。」

なんてことを言われたくないであろうことは明白。

そうならないためにも、webサイトを構築するために必要な言語についての知識と技術を併せ持ったエンジニアにマークアップを依頼することが大切であるし、僕もそれに該当するエンジニアであるために日夜学びを欠かさないでありたい、と常にそう意識している。

ちなみに、ブログそのものの元であるヒトゴトにおいては、「ヒトゴト」で検索すると、7位の位置にまで上り詰めている。

公開して1ケ月目は80位であったし、2ケ月目は44位から36位の間を往ったり来たりしていた。

それが今や、3ケ月目にして7位だ。

今年中に、1位の座を不動のものにしてやろうじゃないか。

キーワード選定

検索エンジンの進歩と共に、SEO対策の基本とも言えるキーワード検索の研究の在り方も、それはそれは日進月歩である。

「このキーワードで上位表示させるためには」

そんなもの、もはや100%これが正解!なんてものはきっと誰も導き出すことは不可能だと思われる。

だからこそ、自身の経験によって培ってきた知識と、それに基づく理論によって構築されたキーワード選定が、後々強みになってくるのだ。

賽は投げられていたのブログ記事の数件が、googleとyahoo!において1ページ目に表示されるということは先にも書いた通りであるが、1ページ目でなければもっとたくさんの記事が上位にインデックスされている。

2ページ目3ページ目にあたる、20位から40位、そして60位までに表示されている記事に至っては、8件の確認が出来ている。71件中の8件だ。

検索結果におけるインデックスの、上位表示の合計が71件中10件。

そして平均検索順位が1月8日時点で14.6位。

この数字をどう見るか。そしてこの数字を今後どのように変化させることが出来るのか。変化させるために何をすべきか、それを学び実践し得るのか。

そんな課題を、今の自分に課したいと思う今日この頃。

1年後が楽しみだな。


スポンサードリンク

ヒトゴトの他のブロガー

スポンサ-ドリンク