鯵を三枚におろす

Takenori自身がこの記事を読み終わるまでにかかった時間は約1分30秒です。

スポンサードリンク


間鯵(平鯵とも言う)を1尾頂いたので、三枚におろした様子を伝えるだけのブログ記事。

最近、スーパーでは小鯵ばかりが売られてて、刺身で食べることが出来るサイズの大きい間鯵は中々目にすることがない。

そんな中での間鯵ゲットは中々に嬉しかった。

間鯵(平鯵)

三枚におろす

鱗と内臓を取った鯵を、三枚におろしていく。

ちなみに鱗を取る際に、大きくない魚だと包丁を使って取るのは大変。そんなときにはペットボトルのキャップを使うべし。

包丁を忘れてしまった船の上でも、ペットボトルさえあれば鱗だけは取ることが出来る。

まずは一枚におろす

中々上手におろせてるんじゃねーの?

向こうが見えるくらいに薄く

向こう側が透けて見えるくらいに、うすーくおろす。

少しでも身を多く食べるために。

三枚におろした鯵

画像の左上に見えているのは、身の方に付いている腹骨の部分を取り除いたもの。

この部分も骨せんべいにして食す。

鯵の骨せんべい

鯵の骨せんべい

鯵の骨せんべいの作り方は超カンタン!

骨に片栗粉をまぶして、油で揚げるだけ!ギトギトになるのが嫌だから、揚げるというよりも焼く感じで食べる。

このときの匂いが、魚の骨を焼く独特な香りがしてたまらないんだぁ~。

焦げ目が付いたら完成。パリパリ貪りながら食す。

鯵のなめろう

鯵のなめろう

身の部分はなめろうにして食す。

ショウガとネギをみじん切りにして、それを鯵の身と一緒に包丁で叩くだけ。

味付けは、トウバンジャンと醤油とゴマ油。トウバンジャンの味噌の甘味と辛味、ごま油の香りが食欲を掻き立てる。

鯵なら毎日でも食べられるな。


スポンサードリンク

ヒトゴトの他のブロガー

スポンサ-ドリンク