webセミナーに講師として参加することに

Takenori自身がこの記事を読み終わるまでにかかった時間は約3分です。

スポンサードリンク


大阪に居を構えるとある企業より、webに関する勉強会の講師として招かれる、という異常事態が発生してしまった今日この頃。

正確には3日程前に、知人のwebデザイナーの方を通して頂いたオファーなんだけど。

そしてそのオファーの内容というのが、

  • googleAnalyticsのデータの見方と意味と活かし方
  • 技術者ではなく営業やお客様担当でも出来るSEO対策

を、グループ企業内の各企業から合計10名が集まる場で、レクチャーするというもの。

来たる1月31日に、ぜひお越し頂きたいとの有難いお言葉を頂いたので、せっかくだから身分不相応な講師として、行ってこようと思う。

と、いうことで、早速googleAnalyticsの勉強を始めましたとさ。

googleAnalytics

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、Googleが無料で提供するWebページのアクセス解析サービス。

元々はGoogleが2005年に買収した、米国のWeb解析ソリューションプロバイダー・Urchin社の技術を利用している。

googleAnalyticsの使用目的は、主に以下の3つに集約される。

  1. サイト訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求を知り
  2. サイト内の人気ページや不人気ページ、問題のあるページを知り
  3. サイトを改善することで訪問者の満足を高め、訪問者数を伸ばす

もちろん更にここから、webサイトそのものの改善や、サイト内のコンテンツの質を高めたり、そもそもどんなコンテンツが有効的なのか、といったことをアクセス解析する必要も出てくる。

企業はもちろんのこと、個人で運営しているお店の方からも、googleAnalyticsの見方を教えてほしいという要望や、そこからわかる現状を解析してほしい、あるいはアクセス解析できるようになりたい、というような声を頂戴することがあるが。

それ(解析のための方法・知識、解析により得られた情報)がわかったところで、次に何もせず放っておくのであれば、アクセス解析に要する時間もお金もただもったいない、という一言に尽きる結果となる。

大切なのは、

  1. googleAnalyticsにより算出されたデータの意味を把握し
  2. それの活かし方がわかったところで、
  3. それを実際に実行に移さない限りは意味がない

ってこと。

SEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでホームページを上位表示させる対策のことです。 上位表示させるために、ホームページのリンクやコンテンツを中心に最適化することが重要となります。 SEO対策を適切に行い、検索順位を上げ、検索トラフィックを増やすことが大切です。

つまりは、インターネットを利用するユーザーに対して、企業や個人が運営するwebサイト(自社コーポレートサイトやECサイト、ブログ等サイトの種類は問わず)を検索結果の上位に表示させるための方法。

そんなSEO対策、僕が考える一番の良質な方法は、

「webサイト(ページ)を目にするユーザーにとって良質な内容であるコンテンツを用意しておくこく」

かな。

良質な内容とは、

  • ユーザーが求めている疑問に対する答え、解決策
  • ↑に直接つながらなくても、それに近い、あるいはヒントとなる情報
  • 上記2つに関連していなくても、ユーザーにハッピーをもたらすことができる

と、まぁこんな感じだろうか。

これはあくまで、コンテンツの内容としての例であって、SEO対策そのものに当てはまるというわけではないので注意されたし。

勉強の基本は本を読むこと

参加者がたった10名のみのセミナーと言えど、お金を頂戴するからには間違った内容を教えるわけにはいかず、そして少しでも有意義な時間を過ごしてもらえるようにしなければいけない。

もちろん、僕自身も有意義なセミナーの場、有意義な講師としての時間を過ごしたい。

そこで復習の意を込めて、googleAnalyticsに関する本を手に取った。

googleAnalyticsアクセス解析の極意

かれこれ6年か7年程前に、僕のwebの先生とも言うべき方から譲り受けた、その名もgoogleAnalyticsアクセス解析の極意!ドジャーン!

この本の発売年も2009年だから、8年経った現行バージョンのgoogleAnalyticsと、この本で説明されている内容とでは、例えば語句とかに違いがあったりするわけだけど。

でも肝心な部分は何も変わっていない。

僕のアクセス解析の基本と応用、そして実践のためのプロセスとそれから得た経験は、全てこの本のおかげで身に付いたと言っても過言ではない。

で、改めてこの本を読んでみての感想としては。

アクセス解析とはまた異なる部分での、webに関する様々なアプローチの、しかも具体的な方法が見えてきた気がするので、それをこれかれのブログで時々紹介していきたいと思う。

なんだかwebクリエイターとしてのブログになっていきそうなので、それ関係のブログは別に作ろうかな。


スポンサードリンク

ヒトゴトの他のブロガー

スポンサ-ドリンク